• このエントリーをはてなブックマークに追加

光造形の造形速度がハイスピードであるというメリット

光造形方式の3Dプリンターのメリットとして挙げられるのは造形速度になります。樹脂に熱を加えて層を積み重ねて造形する方式の3Dプリンターは造形するスピードが遅いですが、光を利用すると高速で造形されるので、たくさんの立体物をすぐに作りたいときには、光で造形する方式の3Dプリンターを選ぶ必要があります。そして、樹脂に熱を加えて造形する方式の3Dプリンターと比較すると紫外線を利用して固まる性質を利用した樹脂を使っているため、しっかりした強度の立体物を製作することが可能だというメリットがあります。また、光で造形する方式の3Dプリンターは、優れた精度の立体物を作ることができるので金属鋳造をするときに利用する原型にも使うことが可能です。そして、医療の分野でも医療機器の部品を作るのに使われています。

造形速度が速いだけでないメリット

一般的な3Dプリンターは、厚さが1ミリメートル以下のシート状の物質を一層一層積み重ねて立体物を造形するという方式を採用しています。薄い層を積み重ねて立体物を作る方式の3Dプリンターは、樹脂に熱を加えて造形するという方式が一般的ですが、産業用の3Dプリンターの場合などはレーザー光線を粉末に照射して焼き固めるという方式もあります。光造形の方式の3Dプリンターでは紫外線など特殊な光で硬くなる樹脂を使って立体物を作り上げていきます。薄い層を積み重ねて立体物を造形するという点では共通していますが、樹脂に熱を加えて造形する方式の3Dプリンターと比較すると、造形スピードが速いだけでなく精密性が高いというメリットもあります。特殊な光で固まるため耐久性がある立体物を作れるというのもメリットとなります。

3Dプリンターに採用されている方式

3Dプリンターは、パソコンなどで作成した3Dデータを読み込んで希望する形の立体物を造形する装置のことを指します。かつては産業用の3Dプリンターがほとんどでしたが、近頃は家庭用の3Dプリンターも提供されています。そして、産業用のプリンターを所有する企業が希望する立体物を作ってくれるサービスを行うことも増えてきていて、希望する形の立体物を作ることは身近ことになってきています。家庭用の安い3Dプリンターで採用されている方式は樹脂を溶かして立体物を造形するもので、できあがった立体物の精度はあまり高くありません。しかし、光造形の方式を採用した3Dプリンターを選べば精度が高い立体物を作り上げることが可能となり、造形速度も速く、スピードが求められる環境で利用するのに非常に適した方式となっています。

ピックアップ記事

光造形はフィギュアの短期での製作が可能です

フィギュアを大量生産するためには鋳造が必要です。高温度に加熱された金型に材料を流し入れ、プレス機で圧力を与えた後、金型から取り出して材料の注入口に繋がっているランナーを切り落とせば完成です。短時間に大...

光造形法を用いることによるメリットとデメリット

光造形とは、紫外線を当てると固まる性質をもつ液状の光硬化樹脂に紫外線・可視光レーザーを一層ずつ照射して、3Dデータを元に硬化させ、同様の動作を何度も繰り返しながら立体的な造形物を作りあげる加工技術のこ...

試作品やサンプルを製作するには光造形が便利

樹脂やゴムなどを使った部品を製作するためには成型が必要です。成型には金型と呼ぶ、部品の原型が必要で、金型の中に材料を入れてプレス機を使って圧縮、一定時間圧力をかけると形作られた部品が完成します。金型を...